MJ5 3人打ち

【MJ5で学ぶ】3人打ち麻雀データ

3人打ちのデータについて解説された攻略本や
戦術書というのはあまり出回っていません。

 

実はMJ5などのデータでも、
東風戦、半荘戦、3人打ちのうち
もっとも人気のなのは3人打ちなのです。

 

そこで膨大なデータを持っているMJ5の本をもとに、
3人打ちのデータを公開しています。

 

MJ麻雀での3人打ちにもいかせると思いますので参考にしてください。

 

MJ5の3人麻雀主なルール

・2万5000点スタートの3万点返し
・東南戦
・食いタン、後付、一発あり
・赤ドラあり
・北は全員の役牌
・ポンの食いかえ禁止
・流しマンガンあり
・国士無双、暗カンされた牌でロンあり
・ダブロンあり
・9種9牌なし

 

*最近めっちゃはまってます。トーナメントや1局戦がガチ熱い!

MJアプリはこちらから登録

【MJ5で学ぶ】3人打ち麻雀データ記事一覧

3人打ちこそアガリ率に差がつくゲームです。4人で分けあう場合と3人で分け合う場合、後者の方がより激しい戦いになることはいうまでもありません。直感的にわからない方は、100人相手に上がりを競う場合を考えればよいでしょう。少々上手であろうと、100人も相手がいたらほとんど上がりは運になります。相手が少ないほど実力が発揮されます。ゆえに4人打ちに比べて相対的に牌効率や手の進め方がよりシビアに求められるゲ...

アガリ点については、4人打ち同様、下位層〜中位層にかけて低下し、そのあと,上位層になるにつれて上昇するという傾向があります。実は3人打ちでは平和はかなり希少な役になりますが(4人打ちでの平和傾向は平均22%程度、3人打ちでは14.5%)綺麗にまとめてリーチすると非常に強力です。全体として見れば、4人打ちよりもトイトイや染め手は、上位層ほど少なくなっています。その代わりに、何といってもリーチが増えて...

見事に期待を裏切らないデータがそろいました。上位層のファーストリーチの割合の高さです。そもそもリーチの多さ。リーチの成功率。どれをとっても「そのまんま」です。フリテンの成功率も半荘戦よりさらに高く約35%。3人打ちのリーチの平均的な成功率が57.8%であることを考えればこれはかなり高いです。もちろん3人打ちでは牌の種類が少なく、比較的簡単にアタリ牌をツモれるからだと推測できます。データを参考にして...

3人打ちは、1人の攻撃に対して、3人ではなく2人で立ち向かなければなりません。しかも、牌の種類が少ないわけですから、手牌の中にアタリ牌がある確率も、4人打ちより高いです。こうした中でどのように安牌を探していくか、安牌がない場合にうまくかわせるか、といった点が実力を分けることになります。また、テンパイがお互い早い分、例えばリーチ1つ打つにしても待ちの形が非常に重要です。リャンメン率は、下位層から上位...