運がよくなる方法

桜井章一氏の本で学ぶ【運がよくなる方法】

運がよくなる方法|桜井章一氏記事一覧

運は人間と同じように、一つとして同じものを存在しない。しかしそのタイプによって運も大きく四つに分けることができる。それは、「天運」「地運」「人運」「時運」の四つだ。「天運」は、天からの恵ともいえるものでどんな人にも平等に訪れる。日差しはどんな人にも平等に降り注ぐし、風も人を選んで吹くことはない。つまり自然の摂理にのっとった運が「天運」なである。近年大震災が頻繁に発生し、大干ばつや大洪水といった異常...

人は運というものを日々の生活の中でどのくらい認識しているいるだろうか。端的に言えば、「運がよかった。」あるいは、「運が悪かった」という程度の認識であろう。丸1日、四六時中運を意識している人などいないと思う。何か良いことがあって「今日はついてるぞ」と思うのは、運が自分の方に流れてる時かもしれない。そんなん運を味方に付けるには運を見分ける力がなければならない。運と一言で言ってもその種類は実に様々で、人...

私は,大自然と触れ合うことが好きだ。中でものみが一番のお気に入り。ことあるごとに海に出かけ,大自然と触れ合うことで,自分の感性に潤いを与えてきた。海はぼーっと眺めているだけでも様々なことを人間に教えてくれる。寄せる波、引く波、満潮、干潮。刻々と変わるその様子を見ていると、「このように変わらないものはないんだよ。」と海が教えてくれているようだ運命を自ら変えようとする人は、この世のあらゆる物事は変化し...

多くの人々は人生を「線」で考えている。だから人生が苦しく、重いものになってしまう。過去から現在、果ては死へと続く直線で人生をとらえてしまうと、そのたびごとに遭遇する喜びや悲しみが個別のものとなる。本来は喜びも悲しみも、人生にめぐってくるものすべてに連動性があり、繋がっているものなのだ。私は人生をシンプルな「円」としてとらえている。喜びの反対側に悲しみがあり、優しさの反対側に怒りがある。辛いことの反...