オンライン麻雀ゲーム【雀龍門】の特長について

オンライン麻雀ゲーム【雀龍門】の特長について

 

 

プレイ人口 具体的な数は発表されておらず

有名オンラインゲームで比較すると、
天鳳>雀龍門>ハンゲーム
となります

雀龍門のメリット 良い点

・グラフィックのきれいさは業界一

 

・データがとれる

 

・役のレベルごとにさまざまな演出がある

 

・級、段ごとに強さの区分がある

雀龍門のデメリット 悪い点

・何といっても有料になった事

 

・手軽に出来る分、ド素人も混じってる

 

・動きが重い(半チャンに何分かかるんだ。。。)

 

・演出が長すぎる

 

・データはとれるが多くのデータをとるなら時間がかかる。

 

・ストレス解消のためお酒を飲みながらプレイしてる人もいるので、
無茶な打ち方をされることもしばしば。(特に夜中)

 

ゲームを好きな方なら、昨今のゲームがどこまでリアルなものか、よくご存知だと思います。

 

一昔前とは比べ物にならないくらい、ゲーム画面の中の映像はリアルになりました。

 

おそらく、そういった画面の豪華さがなければつまらないと思う方も多いかもしれません。

 

オンライン麻雀ゲームは色々なものがあります。

 

雀龍門には、そんな豪華なゲーム画面に慣れたあなたでも目を見張るような映像で溢れています。

 

フル3Dグラフィックが使用されており、豪華感あふれる演出、そして臨場感溢れる打牌、

 

対局中に声がする演出など、非常に凝ったものとなっています。

 

まるで全自動麻雀卓で麻雀をしているような気分になること請け合いです。

 

ゲームのシステムでは、ゲームマネー雀珠が対戦の結果に合わせて増減します。

 

リアルに麻雀をしているようなドキドキ感を感じることができるでしょう。

 

公式戦では、全国のプレイヤーと対戦できますし、友人戦では、知り合い同士で対戦するのも可能です。

 

それ以外にも、いろんな対戦パターンがあって飽きさせません。

 

さらに、牌譜モードというものがあります、これは、サーバ側に牌譜を保存できる機能です。

 

これによりいつでもどこでも牌譜を見ることができます。

 

また、対戦中の凝った演出の一つにハンドというものがあり、

 

実在のプロ雀士の手の動きを模倣したものでリアルを追及しています。

 

さらにハンドアクセサリーでは、実際に自分の手を飾るように、指輪、腕輪、刺青などをつけることができます。

 

あくまでも麻雀を実際にしているかのようなリアル感にこだわったゲームですので楽しめること間違いなしだと思います。

 

雀龍門が有料に 場代が必要

 

真雀龍門になってからなんとお金が必要になってきました。

 

ある程度のプレイまでは無料でできるのですか、

 

それが終われば課金制になります。

 

東風戦: 80場代
半荘戦:150場代
三麻戦:100場代

 

場代は円です。

 

高いか安いかはユーザーの感覚です。

 

私はヘビーユーザーでしたがやめました。^^:

 

雀龍門グラフィックはキレイなのですが牌パイに偏りがあります。

 

ツキも運もなく、ただランダムに牌が配られるだけです

 

それにお金をかけるのはどうも抵抗があります

 

*最近めっちゃはまってます。トーナメントや1局戦がガチ熱い!

MJアプリはこちらから登録

 

 

お役に立てたら応援ボタンお願い致します。