麻雀ベタオリの技術

麻雀ベタオリの技術

どの牌が、どのくらい放縦する確率があるのかの目安の図です。

 


*現代技術麻雀論より

 

 

・単騎字牌とは単騎でしか待てない字牌(河と自分の手の内を合わせて3枚見えている)のこと。

 

・両スジ4・5・6(が切れている場合の等)はスジ2・8と同等に扱う

 

・壁(ノーチャンス)は、スジと同等かそれ以上に安全。

 

・ワンチャンスは、無スジよりは安全、スジよりやや危険

 

・序盤の捨て牌の外側は1ランク程度安全。

 

序盤であればあるほど安全。このことはスジについても当てはまる。

 

逆に言えばリーチ宣言牌のスジ(もろ引っ掛け)は若干危険度が増加する。

 

序盤の捨て牌の外側と宣言牌のスジとなら前者が安全。

 

・リーチ宣言牌のソバ(跨ぎスジ)は他に条件があれば特に危険になる場合もあるが、原則考慮する必要なし。

 

暗刻スジは若干危険度は上がるが、1ランク差が埋まらない程度。

 

ドラ・ドラソバは1〜2ランク悪化(1・9以外の数牌は危険度1.2〜1.3倍、1・9牌は危険度1.7倍)、

 

ドラソバは1ランク程度悪化(危険度1.1倍)。

 

ドラとドラソバは注意しよう。

 

赤ルールで使えるオリの技術

 

赤3枚のルールである場合、赤5を切っている(リーチの場合はリーチ宣言牌までに)

 

相手は同じ色の赤でない5をほぼ持っていないと読める。(5が4枚見えて壁になっている場合に類似。)

 

このことから、を切っている場合のはBランク程度に安全(ペンチャンくらいにしか当たらない。。
からは通常カンに受けるし、

 

単騎なら赤単騎に受ける。が切られた
が切られたはそれもないので更に安全。

 

 

*最近めっちゃはまってます。トーナメントや1局戦がガチ熱い!

MJアプリはこちらから登録

 

お役に立てたら応援ボタンお願い致します。