先行チー最強理論

先行チー最強理論

あなたなら鳴く?鳴かない?

 

 

出たのは。ドラは

 

速さが全てに優先する

 

即リーにしても、オリにしても、他人より先にテンパイすることが大事である。

 

他人に先にテンパイされたときは、無理せず撤退しようっていう話。

 

となるとわかるように、今回のケースはスピードUP方法の鳴き。

 

早鳴きで人より先にテンパイするということ。

 

と福地氏は言う。

 

麻雀で生活している福地氏はとにかくスピードを優先しています。

 

だがスピード優先とは言っても、単純に急ぐというだけではなく、スピードの負の側面もあるという。

 

 

まず、上記の牌姿。

 

子の2巡目、ドラそばのカンをチーするかどうか。

 

今回のテーマからすると答えはチー。

 

まだ2巡目とはいえ、わずか3枚しかないドラ表示牌が、上家から出たこれを見送ってからを引いたりチーしたりできるのかっていうこと。
期待はかなり薄い。

 

完先みたいにこういうチーを認めていないルールもあります。

 

だからこそ、それが大事。

 

完先は今すごく多くて、多数派かもしれない。だから、完先でマージャンを覚えた人も多い。

 

そういう人はこういうチーをできればしないでアガリたいと思っているだろうし、苦手意識もあると思う。

 

カンチャンをチーして字牌バックって、せこいとか、汚いとか、不安定だとか、マイナスイメージが強い。

 

モロひっかけとか片アガリとか、字牌の先付けとか、合理ではない部分で、マイナスイメージを持たれているところにはお金は埋まっている。

 

と福地氏はいう。

 

テンパイの牌はなかなかひけない

 

手牌が3シャンテン→2シャンテン→1シャンテンと進にしたがって、有効牌の数は、どんどん減ってくる。

 

そうなると、有効牌をツモれる確率も下がってくる。3シャンテンや2シャンテンでの鳴きは、

 

見送っても大してスピードは落ちないが、1シャンテンまで来ていると、急所の見送りは致命的なまでのスピードダウンになってしまう。

 

最初の手牌をチーすれば、バックでテンパイする人って、この先も鳴かないならテンパイするまで平均9巡かかる。9巡もかかるんだよ。

 

テンパイ牌を引くのってかなりラッキーなことで、そう簡単にひけるものではないんだよ。だからこのをチーしないのは上がりを捨てるのに近いと思うべきなんだ。

 

まだ2巡目だといっても、いくらツモったとしてもひけるものではない。

 

ネットに潜む鳴きすぎ病患者たち

 

今回のテーマは、鳴けば大幅にスピードアップだから絶対に鳴いたほうが得だよってことで、何となくなきそびれてしまうぼんやり面前人達向けなんだけど、その一方で正反対の鳴きすぎの人も多いんだ。これは麻雀うちの属性によってはっきりわかれていて、リアル麻雀では、面前病が多いしネット麻雀では、鳴きすぎが多い。

 

リアル麻雀では前もって鳴く牌を決めて、頭の中なかではっきり意識していないとすぐ通り過ぎてしまう。でもネットやゲームセンターの麻雀では、チーボタンがでて止まるからその時考えても間に合うんだよね。

 

手牌から鳴く牌を2枚取り出すてまだってないし。。

 

今回の牌姿みたいなのは、完先じゃない限りないたほうが得だと思うけど、あとはかなり自由度が高いと思う。

 

急所お見送るぼんやり面前派は損なだけで、基本メンゼン派にも強者はいっぱいいるからさ。

 

あなたはどう考える?

 

 

*最近めっちゃはまってます。トーナメントや1局戦がガチ熱い!

MJアプリはこちらから登録

 

 

 

お役に立てたら応援ボタンお願い致します。